山行水行

日々の出来事や感じたことなど、雑記帳

知の越境法「質問力」を磨く / 池上彰

現代のニュースをわかりやすく伝える池上彰

国際情勢や政治経済はもちろん、

インフルエンザの時期には

医学の方の解説までやっていたのが印象に残っている

彼のこの知識はどこから来るのか

いつも疑問に思っていたが

この本を読んで

若いころからの知識・経験の蓄積と

いろいろなことに興味監視を持ち

億劫がらずに調べて学ぶという姿勢から

きている結果であることが分かった

 

NHK週刊こどもニュースでの経験が

今の彼を作っているようで

聞くまでもないような

基本的な質問がきちんと答えられるか

というのが一つのポイントで

そこをあいまいにしていると

詳しい事柄までは深く理解できなくなる。

専門知識ばかりでなく

少し横を見て(越境して)ほかの関連知識を

仕入れるという意識をもって

物事を考えるというのも

重要なのだと気づかせてくれた

一冊だった。