山行水行

日々の出来事や感じたことなど、雑記帳

騎士団長殺し 第1部 顕(あらわ)れるイデア編

人生初の村上春樹本です

マスコミで新作が出るたびに話題になっているので

一度読んでみたかった作家です

図書館でやっと新作の長編「騎士団長殺し」が借りられたので

読んでみました

 

主人公は36歳の画家 自分と年が近いので

この設定は良かった、登場人物も少なく

人間関係でわからなくなることもなく

読みやすい。

またよく言われる村上春樹特有の比喩表現も

うまく使っているなあと感じたし

文章表現も難解でなくて誰でも読める感じで

評価されているのもうなずけた

話も悪くないと思う

長編だけあって

登場人物の人物像も

くどいくらいに描かれていて

感情移入しやすかった

 

ただ気になったのは性描写が多いので

18禁にしたほうがいいんじゃないの?

って思った。これがなければノーベル賞取って

万人にお勧めできるんだろうなという感想

とはいっても結構面白かったので

まだ第1部しか読んでいないけれど

第2部も借りられたら読んでみたいと思う。