山行水行

日々の出来事や感じたことなど、雑記帳

騎士団長殺し 2部

1か月かけてやっと読了

長編は読むの時間かかる

結局上下巻合わせて

2か月近くかかったことになる

コスパは最高だが、ほかの作品も読みたいので

読書スピードのアップもこれからの私の課題か。

 

ある絵画を見つけたことから始まる

不思議な出来事のお話

もっと現実的なお話かと思っていたのだが

騎士団長登場あたりから

スピリチュアルな感じになっていく

最後には元のさやに納まり

また日常が始まるといった感じで

この話に何か感じるのも難しい

だがこれだけ騒がれている作家だから

何かしらあるのだろうと読んでいて感じたのは

読みやすさと描写力は流石かなという感じか

 

数年に一度しか出さない作家だから

次の作品までしばらくあると思うので

それまでに村上ワールドの楽しみ方が

わかるくらいには

読書家として成長しておきたいなとは思う。